私らに用意されている幸せは、そんなもんじゃない。

生き方に効くメッセージ

 

悩みや不安のない人生、大事件のない「無事な」人生を、送ることができればそれで十分。

そういう考えも、もちろんあるよね。
決して間違いじゃない。

 

だけど、それってホントは当たり前、単なる初期値(ディフォルト)なんだよ。

私らが、自分で自分のじゃまをしていたから、人生が必要以上に困難になっていただけ。

 

地道なコソ練で心を正気に戻すのは、単に、人生をディフォルトに戻したに過ぎない。

それは非常に大切な土台だけど、私らに用意されている幸せは、そんなもんじゃない。

 

元・メインブログの過去記事より。
▼全文はこちらで。

 

 

自分の適性や能力を、神の道具として使う。

それって別に、たいそうなことじゃないんですよね。
単に、本来の自分、本来の喜びを生きるだけ。

 

その実体も、実にシンプルです。
喜んで過ごす、楽しんで過ごす。
好きなこと・楽しいことをする。
その瞬間、感じたまま、自由に過ごす。
ぼーっとする。

それだけです。
ほんの短い時間でもね。

 

どんなに忙しい毎日でも、自分のためにそうした時間を確保しておくことで、自然と、自分独自の適性や能力が自覚できるようになってきます。

すでに自覚がある場合は、それを使って何かを表現する時間を増やしていけばいいだけ。

 

こうした時間の使い方は、自分にとっての天職が見つかった後もずっと続いていきます。

「何かを見つけたらおしまい」「どこかにたどり着いたらおしまい」という発想から抜けることそれ自体が、本当の意味での天職を生きる第一歩なのかもしれません。

 

 

 

週一回読むだけで、あなたらしい生き方が育ちます。
→『週刊・心のコソ練』ご登録画面へ 

なおちん

なおちん

あなたらしい生き方を育むオリジナルメソッド・心のコソ練をご提案しています。

こちらの記事もどうぞ。

TOP