言葉が人生を導く(2):心のコソ練で自分スペシャリストを生きる

思いと意図

自分らしい人生を作るための、心の使い方。

言葉が人生を導く、第二回のテーマは
「心のコソ練で自分スペシャリストを生きる」
です。

オンラインスクールや音声配信のチャンネル名として使っている、「心のコソ練で自分スペシャリストを生きる」という言葉について、概要をお話してみます。

音声、もしくは文章でお楽しみください。

 

心のコソ練とは?
自分スペシャリストとは?

心のコソ練で自分スペシャリストを生きる。
この言葉は、今では、私の人生のキャッチフレーズです。

オンラインスクールのタイトルにもしていますし、音声配信のチャンネル名にもしています。

以前書いていたアメブロも、このキャッチフレーズを使っています。

 

心のコソ練で自分スペシャリストを生きる。

この、心のコソ練とは、毎日の生活のなかで、ちょっとずつ心の使い方を変えていく練習のことです。

そして、自分スペシャリストとは、最高に幸せな、自分だけの、生き方…という意味です。

どちらも、私が作った言葉です。

 

心のコソ練で自分スペシャリストを生きる。

これは、毎日毎日、一瞬一瞬、意識的に心の使い方を選ぶことで、自分が心から幸せを感じられる人生を作っていく、という生き方のことです。

 

何を幸せだと感じるのかは、一人一人違います。

また、自分をどんな人間だととらえるのかも、一人一人違います。

そもそも、自分とはなんなのか。

そういった自分観も、一人一人違いますよね。

しかも、こういったテーマって、意識をどの段階に向けているかで、答えが変わってしまうんです。

そういう意味でも、一人一人答えは違うし、自分のなかでも、答えが一つではありません。

突き詰めていくと、なかなかに深いんです。

 

なので、心のコソ練では、自分にとっての幸せ、自分とは何者かという自分観を、見出していくためのメソッドや基本的な考え方から、お伝えしています。

そのうえで、理論と実践から、実際にやってみて、自分で気づいて腑に落とす…というプロセスをサポートしています。

 

体験を通して学んでいくことを大切にしているので、私自身も自分の体験をシェアしますし、クラスやセミナーでお会いする方からも、実際に体験したことを話してもらってます。

そうやって、お互いの体験を持ち寄ることで、洞察が深まったり、互いに気づいたりするんですよね。

私はそうした状態を、生き方が生き方を育てている…と表現しています。

 

そうした日々の地道な取り組みが、心のコソ練そのものなんですよね。

そして、地道なコソ練を重ねることで、ふと気がつくと、自分スペシャリスト…という生き方が育っているのだと思います。

 

ということで、今日のお話はここまでにします。
おつきあい、ありがとうございました。

 

毎朝ひとつ、コソ練メニューがメールで届きます。
→コソ練365ご登録へ 

なおちん

なおちん

あなたらしい生き方を育むオリジナルメソッド・心のコソ練をご提案しています。

こちらの記事もどうぞ。

TOP