月末のコソ練1:今月をふり返ってみましょう。

コソ練メニュー

今日からの3日間、月末におすすめの練習メニューをご提案します。

最初のテーマは、
今月をふり返ってみましょう。

このメニューは、音声でもお聞きいただけます。
音声を聞きながら、この記事を読むのもおすすめです。

 

 

目で見てわかるものを使ってふり返る。

今お手すきの方は、ほんの数分時間を取って、この一か月をふり返ってみてください。

今すぐふり返ってもいいし、あとで手の空いたときにふり返ってもオッケーです。

どちらにしても、この一か月をふり返ってみようという気持ちが、あなたの心に幸せをもたらしてくれます。

 

さて。
丁寧にふり返ってみたい方は、この一か月、どんな行動をしたのかがわかるもの、たとえば、スケジュール帳やカレンダー、お仕事の日誌や記録、作品や成果物などをさーっと見直してみましょう。

情報発信をしている方は、ご自分が発信したものを見直すと効果的です。

何でもよいのですが、目で見てわかる記録や結果を使うのがポイントです。

こうすることで、今の気分や当面の懸念事項に左右されることなく、等身大に一か月をふり返ることができます。

 

ふり返りのお供として、かなりおすすめなのが、スマホで撮った写真です。

写真には、あなたが心動かされた瞬間や、必要に迫られて記録した瞬間などが残っています。

これらを目で追うと、そのときの気分や感情、身体の感覚も合わせて、思い出すことができます。

 

この一か月、あなたはどんなふうに過ごしてきましたか?

印象的だった出来事や体験はありますか?
それは、どんなことでしょうか?

この一か月で、やったこと・進んだこと・できたことはありますか?
それは、どんな形で残っていますか?

もう少しで終わりそうなこと、出来上がりそうなことはありますか?

できれば、今月中に終わらせたいこと、決着をつけたいことはありますか?

 

ぼーーーっと思い出してみて、書きとめておきたいことが見つかったら、記録しておきましょう。

特に、今月中に決着をつけたいことは、ちゃんとメモしておくと、残りの時間で進めることができます。

 

この練習メニューを月の最後の日じゃなく、最後から三番目の日にご提案しているのは、今月の心残りを片づける時間を作るためなんです。

心残りでなくても、あと3日で、なんかもうひとつやりたいことが見つかったら、それもやってみましょう。

 

できたこと・やったことから力をもらう。

今日の練習メニューのポイントは、あなたが残した記録を使って、実際にやったこと・できたことを、等身大に見届けることです。

頭の中の印象や気分、セルフイメージじゃなくて、実際の記録・結果を見て、等身大にふり返ることに意味があるんですよね。

 

やったこと、できたことを、ひとつずつ見直していくと、この一か月、本当によくやってきたなあ…と思えます。

そうやって、自分がやってきたこと・できたことから、力をもらいましょう。

そのうえで、あと3日で片づけたいことがあれば、サクっとやってしまいましょう。

大丈夫、きっと、スルっと上手くいきます。

 

自分なりのやり方を作っていきましょう。

この練習メニューは、来月も、月末の3日前にご提案します。

繰り返し練習していくと、一か月のふり返りに何を使うのか、あなたなりのやり方がわかってきます。

やったこと・できたことから力をもらう…という感覚が理解できると、記録を残す習慣・写真を撮るという習慣も、自然に身につきます。

こうしたプロセスは、割と簡単にできて、効果の高いセルフコーチングになると思います。

何度かやってみて、あなたなりのやり方を作っていきましょう。

 

今日の練習メニュー

今月をふり返ってみましょう。

 

練習のポイント。

  • 目で見てわかる記録・実績を使って、一か月をふり返る。
  • スマホの写真を見直すのもおすすめ。
  • できたこと・やったことから力をもらう。
  • ふり返る習慣ができると、ふり返る材料を残す習慣もできる。

 

 

明日は、月末にオススメのコソ練2日目のメニューをご提案します。

ここまでのおつきあい、ありがとうございました。

 

週一回読むだけで、あなたらしい生き方が育ちます。
→『週刊・心のコソ練』ご登録画面へ 

なおちん

なおちん

あなたらしい生き方を育むオリジナルメソッド・心のコソ練をご提案しています。

こちらの記事もどうぞ。

TOP