写真を三枚撮ってみる。

コソ練メニュー

アウトプットは再インプット。

 

自分の感性や好み、表現の特徴や持ち味は、自分一人ではなかなか気づかないものです。

他の誰かからフィードバックをもらったとしても、それが素晴らしいものであればあるほど、かえって受け取りづらく感じることもあるでしょう。

 

自分自身を客観的に見つめるよい方法のひとつが、自分が表現したもの(アウトプット)を見てみることです。

 

手軽に自分を見つめる練習の一つとして、今日は写真を3枚撮ってみることをおすすめします。

お好きな方はカメラを使ってもいいでしょうし、手軽に練習したい方は携帯かスマホで撮ってみましょう。

 

違う被写体(対象)を3枚撮る、と決めて、一日を過ごしてみてください。

撮る前提でいると、必ず「撮られるもの」が見つかります。

特に何も見つからない場合は、その辺のものをテキトーにとっても大丈夫。

それで十分、練習になります。

 

 

1日の終わりに少しだけ時間を取って、ご自分が撮った3枚の写真を見つめてみましょう。

あなたの撮った写真が、あなたに、あなたの感性や持ち味について教えてくれます。

写真を見ながら気づいたこと・感じたこと・思ったことが、今日のギフトです。

 

意図して何かを表現し、その表現物(アウトプット)から、自分について教えてもらう。

このスキルは、豊かな日常や趣味の世界だけでなく、仕事にも応用することができます。

 

奥の深い練習ですので、折を見てまたご提案しますね。

 

週一回読むだけで、あなたらしい生き方が育ちます。
→『週刊・心のコソ練』ご登録画面へ 

なおちん

なおちん

あなたらしい生き方を育むオリジナルメソッド・心のコソ練をご提案しています。

こちらの記事もどうぞ。

TOP