この先、絶対に困ったことにならないとしたらどうしたい?

コソ練メニュー

メルマガで何度もご提案している練習メニューです。

今回は、少し深い部分から解説をしています。
よくわからない部分があったとしても、ひとまず目に触れさせてみてください。

そして、日常の些細な場面で、気軽に使ってみてください。

 

この練習メニューは、文章と音声でお届けしています。

▼音声で楽しむ

 

▼文章で楽しむ

※文章のみ、小見出しを入れています。

 

いつでも、どんなときでも使える質問。

この先、絶対に困ったことにならないとしたらどうしたい?

この質問は、メルマガで定期的にご提案しています。

 

 

この質問の適用範囲は、本当に広いと思います。
日常の些細な選択をする場面から、人生を左右するような決断をする場面まで、ありとあらゆる状況で、心に問いかけることができます。

そして、その時点での自分の本当の気持ちを問い直すことができます。

 

答えに迷うような選択に直面したとき、なんか心がすっきりないようなときに、この質問を試してみてください。

ごく身近な、ささいな場面で練習を重ねると、重要な案件に直面したときにも、安心してこの質問を試すことができます。

 

 

まずは答えを受け止める。

この質問に対して、どんな答えを思いついても構いません。

心に浮かんできた答えを、ひとまず受け止めることを大切にしてください。

 

思いついた答えを、必ず実現しなければいけない、というわけでもありません。

思いついたことを、即実行しなければいけない、というわけでもありません。

 

思いついたことを必ず実現しなければ、即実行しなければ…と考えてしまうと、私たちの心は、思いつくこと自体をやめてしまいます。

それでは、自分自身の心と対話ができません。

何かを思いつくこと・認識すること・自覚することと、それを行動に移すことは別の段階の話です。

そのことを、心のどこかで覚えておいておきましょう。

 

 

「本当の思い」は、いくつもある。
変わっていく。

私たちの「本当の思い」は、今体験しているプロセスや意識レベルによって、異なった現れ方をします。

つまり、わかりやすい言葉で、自分の「本当の思い」が現れてくるとは限らない、ということ。

 

場合によっては、思いついた言葉のさらに奥に「本当の思い」が隠れていることもあります。

思いつくことと実行することを分けて考えるのは、そのためです。

 

こうしたポイントを押さえておけば、日常のあらゆる場面で、この質問を効果的に使うことができます。

 

 

 

今日の練習メニュー

この先、絶対に困ったことにならないとしたらどうしたい?

 

練習のポイント。

  • 問いかけに対する答えを丁寧に見て取る
  • その答えが、本当の自分の思いとは限らない
  • 答えを受け取ることと、行動すること・実現することは別だと心得る

 

 

ここまでのおつきあい、ありがとうございました。

週一回読むだけで、あなたらしい生き方が育ちます。
→『週刊・心のコソ練』ご登録画面へ 

なおちん

なおちん

あなたらしい生き方を育むオリジナルメソッド・心のコソ練をご提案しています。

こちらの記事もどうぞ。

TOP