自分はこの人に、どんなキャラを割り当てたのだろうか?

コソ練メニュー

この練習メニューは、メルマガ『コソ練365』で繰り返しご提案している定番メニューです。

不愉快な気持ちになる人・「解せない」人に遭遇したときはもちろん、日常の何気ない場面で試してみると、思いがけない発見や気づきが得られます。

実践するたびに、私たちが出会う人はみな本来の自分を見せてくれる存在であり、優しく愛おしい人だと感じられるようになります。

 

自分の心のなかは自分一人ではわからない。

私たちは一人でいると、自分がどんな評価基準・判断基準・解釈を採用しているのか、気づくことができません。

目の前にいろんな人が現れることで、自分がどんな評価・判断・解釈を採用しているのか知ることができます。

 

私たちは一人一人、まったく違った世界に住んでいます。

全員が見ている、ひとつの客観的事実は存在しません。

 

私たちそれぞれが見ている世界は、一人一人が「信じているもの」で構成されています。

つまり、私たちが出会う人はすべて、自分が「信じているもの」を体現してくれている、といえるでしょう。

いいかえると、自分の評価・判断・解釈を体現するようなキャラを誰かに演じてもらうことで、自分の心のなかを見せてもらっているわけです。

 

これは、万人に共通な心の仕組みです。
この仕組みが腑に落ちれば、目の前の人すべてに感謝できます。

彼らは、私たちが割り当てたキャラを演じることで、私たちに私たち自身の心のなかを見せてくれているのですから。

 

 

この人のキャラをあてはめたのが自分だとしたら…。

こうした心の仕組みを応用したのが、今回の練習メニューです。

どんな相手でもいいので、ふと思い立ったときに
自分はこの人に、どんなキャラを割り当てたのだろうか?
と問いかけてみましょう。

心のなかで問いを立てるだけでオッケーです。
答えは自然な気づきやひらめきとしてやってきます。

 

あなたが納得できる答えがすぐにやってくるとは限らないし、あなたにわかる形で答えがやってくるとも限りません。

なので、気軽に問いを立て、気楽に答えを待つくらいがちょうどいいと思います。

 

多くの場合、くすっと笑えたり、しみじみ心が温かくなったり、思いもよらない発見があったり…という形で、問いの答えがやってきます。

ちゃんとわかるようにやってくるので、答えを見逃すことはありません。

それを楽しみにして、待つことにしましょう。

 

 

無理をしなくても大丈夫。

今日のお話は、難しく感じたり、聞き入れたくなかったり、なぜか不快になったりする人がいらっしゃるかもしれません。

そういうときは、無理にわかろうとしなくて大丈夫です。
その感覚とただ、一緒にいてください。

しかるべき時がきたら、いい感じに整います。

 

ここまでの文章をふつうに読めた人は、目の前の人が、「自分だけの」評価基準・判断基準・解釈について何かを教えてくれている、という意識で過ごしてみてください。

いずれにせよ、今、あなたの心に起きていることが、このメニューからのギフトです。

 

 

今日の練習メニュー

自分はこの人に、どんなキャラを割り当てたのだろうか?

 

練習のポイント。

  • 出会う人はみな、自分の心のなかを見せてくれている
  • 自分が、その人のキャラを決めた、という意識を持ってみる
  • 興味をもって問いを立てるだけでオッケー。

 

ここまでのおつきあい、ありがとうございました。

 

毎朝ひとつ、コソ練メニューがメールで届きます。
→コソ練365ご登録へ 

なおちん

なおちん

あなたらしい生き方を育むオリジナルメソッド・心のコソ練をご提案しています。

こちらの記事もどうぞ。

TOP